都内在住のシティーボーイが初めて訪れて感じた北海道の魅力

こんにちは。
東京都心在住の29歳男性です。
今から8年ほど前、大学3年生時に、人生で初めて北海道へ旅行しました。
エリアは道東方面。
成田空港から空路で女満別空港へ移動し、網走在住の友人とともに、知床や屈斜路湖といった道東や、旭川方面に遊びに行きました。
当時は市ヶ谷の大学に通い、現在の勤務地は秋葉原で品川在住。
そんな僕が、観光地・北海道の魅力を、普段暮らしている大都心東京と比較しながら 発信していきたいと思います。

398918

■海鮮料理
以前、北海道から東京に出てきた知人が言っていたのが次の一言。
「東京のお刺身はマズい」
普段、都内の居酒屋で出てくる様な海鮮料理にも満足していた僕には共感することができませんでした。
けれども、実際に自分の足で北海道に行き、自分の舌で現地のお刺身を味わって感じました。
「北海道の海鮮は、東京とは別物!」
決定的な違いはネタの厚み。
僕が足を運んだのは「月」という回転寿司であり、関東に至る所にある大手チェーンの様な感覚で行ってみたのですが、マグロのお寿司を口に入れた瞬間、良い意味でお寿司の既成概念をぶち壊されました。
ネタの香りもすごく香ばしい。
香に関しては普段あまり敏感ではないですが、20年以上食べれなかったウニを美味しく頂くことができました。
東京にも美味しいお店や魅力的な飲食店は沢山あります。
けれども、北海道であれば、学生でも手が届く様な庶民的なお店で、都内で頂けるような海鮮料理との決定的な違いを体感できると思います。

406753

■自然という圧倒的な非日常間
地方から都内に出てきた人が、まず初めて驚くのが渋谷のスクランブル交差点だといいます。
歩行者用信号が青に変わると同時に、四方八方から人が交錯する様は日本広しといえども東京都内でしか味わえないものでしょう。
逆に、その様な大都会で普段暮らす筆者にとっては、北海道の自然・静寂さはとても魅力的でした。
女満別空港に降りると同時にレンタカーに乗車。
空港から少し離れると、すぐにに見渡す限りの草原に目を奪われました。
人気が完全に遮断される山の中では、動物園でしか目にしたことの無いキツネ等、大自然が提供する様々な景色を満喫。
日本第4位の広さを誇るサロマ湖や、世界2位の透明度を誇る摩周湖といった湖では、そのとてつもないスケール感から自分の中にあった湖という概念を覆される。
そして、電車の駅には完全な無人駅が多く、同じ日本とはいえカルチャーショックを覚えましたね。
自然・田舎・静寂というと退屈に捉える方も多いと思いますが、普段都心で暮らしている僕にとってはすごく新鮮で貴重な体験でした。
その様な大自然は都心では味わおうと思っても味わえるものではなく、圧倒的な非日常間を楽しむことができるでしょう。
日常を完全に切り離して自分自身の人生を見つめ直す良い機会にもなると思います。

406754

■星空という最高のイルミネーション
東京での暮らしに慣れてしまうと、空を見上げる機会も減ってくるのではないでしょうか。
都心でで育ち、地方を知らない方にとっては、星空なんてこんなものだと思っている方も多いのではないでしょうか。
そんな方々に、一度は北海道の星空を体感して欲しい。
人口のライトアップの無い闇がこんなに深いのだということを。
そして、それとは対照的に、余計な排気ガスに侵されていない大気で輝く星の光がこれほど輝かしいものだということを。
プラネタリウムへの来場者が減っているとはいえ、東京中心に都会では毎年の様に新たなイルミネーションの名所が紹介されています。
そういった意味では、人は無意識に、綺麗な夜景を求めているといえるのではないでしょうか。
大自然に輝く最高の星空であれば、入場料も開館時間もマナーの悪い他のお客さんも気にする必要はありません。
それどころか、人が作ったものをはるかに凌駕する様な素晴らしい感動を感じられるはずです。

410497

■終わりに
いかがでしたか。
今回は観光地としての北海道の魅力を、大都心・東京と比較しながら挙げさせていただきました。
この地には、普段東京で暮らしている方はもちろん、その他の都会で暮らす方々であれば非日常間を体感できるエッセンスがギュっと詰まっている。
ご参考になれば幸いです。
ラクトフェリンはいっぱい幸せが詰まっている

大きすぎるジャガイモにはご用心

収穫祭の季節です。土地柄のせいか、たくさんの野菜などが手ごろな値段で売られているのには嬉しさを感じます。一年で一番好きな時期ともいえるでしょう。先日もたくさんの大きな男爵イモが入ったものが売られているのを見つけました。なんとも食べ応えがありそうな大きさです。これは買わなきゃ損!と思い早速買ってきました。

帰宅してさっそく料理を始めることにします。土の付いたジャガイモをきれいに洗い、まな板の上にのせて半分に切ります。すると真ん中のところが黒ずんでいます。きれいなものもあるけれど、中心部分が傷んでいるものも結構あります。さすがに買う時に中まで見ることができないので、仕方がないこととはいえ、ちょっとがっかりしてしまいます。

ジャガイモが大きな分だけ中心が傷みやすいのでしょうか。本当なら買う前に分かることが理想ですが、料理するまで分からないというのにはちょっと困ります。今度からは大きすぎるものは買わずに、手ごろなサイズのものを買うことにしようと思います。

洗濯の負担を減らしてくれるエプロン

あるブロガーさんの日記に、カンガルーランドリーエプロンという商品を紹介していました。
カンガルーランドリーエプロンとは、その名の通り、カンガルーのような袋がエプロンの前側に装備されている形をしています。洗濯機から出した洗濯物を干す時に、洗濯物を袋の部分に入れ、その状態で干していけるといった便利グッズなのだそうです。
確かに、洗濯物をカゴに入れて干す場合、イチイチ屈んだりして腰を曲げる動作が必要となります。腰痛の原因にもなりますし、体への負担が大きくなります。しかし、このエプロンを使えばこうした動作をすることなく干せますので、腰痛予防にもなりますし、時間短縮にも繋がります。
ですが、実際使ってみると、若干デメリットもあるようです。袋に入る量が限られているので一度に沢山は無理な点や、洗濯物の重みで肩に負担がかかるといった点です。洗濯物の量がそれほど多くなければ、とても使いやすそうなグッズだと思います。
中には、このエプロンに犬や猫を入れるといった別の使い方をしている人もいるそうです。何か入れておくのに便利なため、使い方の幅が広がりそうです。

それでも吸う事を止められない

寒い冬でも窓を開けて吸う喫煙者です。
もちろんストーブをつけて部屋は暖かいです。
以前からですけど喫煙者がますます肩身が狭くなってます。
たまに東京に行くと電車内は勿論なので我慢できますが、駅を出て外にも喫煙所が無いと泣けてきます。
カフェや居酒屋でさえ分煙、もしくは禁煙ですから、出かける前には思わず喫煙所などをチェックしてしまいます。
よく集まる仲間の中では喫煙しているのが私だけの為、禁煙席を予約される場合が多いです。
とは言え仲間といると楽しいので喫煙は我慢出来るのですが、6時間超えるとちょっと辛い、というのが最近わかりました。
逆に言えば6時間禁煙出来るなら最後まで貫こうよ、と自分に言ってはみるものの、やはり誘惑に負けてしまうのでした。
そんな中、某県の駅ビルで小旅行しに来た仲間と夕食会をしていた時でした。
駅ビルの中だから禁煙はわかります。
ですが「ここから一番近い喫煙所はどこですか?」と訊いたら店員さんは「中も外も禁煙なので喫煙所はありません。どうしてもというなら外でこっそり吸ってきてください」と、とんでもない事を言われました。
私はマナーを破りたくなかったので我慢しました。
そして新幹線ホームで喫煙所を見つけた時のあの感動、今でも忘れられません。
タバコの匂いが嫌なのはわかりますが、外で吸う分にはもう少し寛容になって欲しいなと思うのでした。
東京もせめて全駅の外でいいから喫煙所が欲しいなとも思います。
いつも早めに行ってファーストフード店で一服してから待ち合わせ場所に行く私です。

車のタイヤワックスがけで意外な気持ちの変化

車好きの友人に、「これ、俺使わないから」とタイヤのワックス剤をもらいました。
私もタイヤにワックスがけなんてしたことがないし、興味もないので「普通のワックスならよかったのに…」と思ったのですが、せっかくなので休日に使用してみたのです。
私の車のタイヤはもう1年半使っているものなのでかなり摩耗して汚かったのですが、ワックス剤には洗剤も含まれており、洗い流すと非常に美しい光沢が出てきました。
つやつやのタイヤを見ていると気持ちも上向きになり、そのまましばらく予定外の長距離ドライブをしました。
タイヤの洗浄でこんなにも気持ちが変わり、行動力まで上がるなんて本当に意外でした。
以後私はタイヤ洗浄・ワックスを非常に重要視するようになり、休日はタイヤの掃除習慣化しています。
ワックスをくれた友人にそのことを話すと「信じられない」と否定されるのですが、私は自分の体と車は連動していて、車の様々な箇所を磨くと自身の心と体にも何らかの影響を与えているのだと信じています。

ワンピースについて判明している事

人気漫画ワンピースでは主人公ルフィがワンピースを見つける冒険漫画ですが。やはり多くの人がワンピースの正体について気になっていると思います。現在までに原作の中でワンピースについて判明している事がいくつかあります。まずもう古いため、忘れている人も多いと思いますが、ワンピースがある島は初期に明かされています。リアルタイムで言うと10年以上前になると思います。初期にロジャー海賊団のクロッカスに会っており、クロッカスが言うにはワンピースはラフテルという島にあります。海を航海するだけでは絶対に辿り着けない島です。そしてワンピースで最大の謎とされている空白の100年はこのワンピースで、全てが分かります。遥か昔に滅ぼされた王国があり、その王国が滅ぼされた理由などを後世に残すためにワンピースを作ったのかもしれません。その王国いた人達の末裔が名前にDが入っているキャラクター達です。つまりもうワンピースで分かっていないのは形だけになっていると思います。

平日なのに人がいっぱいいてガッカリ

平日は週末と比べて人が少ないのでゆっくりと買い物をすることができます。
金曜日にショッピングモールへ行きました。
午前中は普段と変わらない感じでしたが午後になってから学生服を着た集団がいっぱい押し寄せてきました。
その日のお昼ご飯はセルフ式のうどん屋へ行く予定でしたが学生の集団に圧倒されてそれどころではなくなってしまいました。
どこの飲食店も混んでいて落ち着いて昼食を食べることができなさそうでした。
1時間待ってみましたが状況は変わらず「今日はダメだな・・・。」ということで諦めて帰ることにしました。
せっかくの平日なのに店が混雑するだなんて考えていませんでした。
でもこういうことは今回だけでなく結構あることです。
日曜日の次の日にスーパーへ行くと小学生がたくさんいます。
「なんで平日なのに子供がたくさんいるの?」と考えてみると前の日が運動会だったりすると振り替え休日で月曜日が休みになるからということがわかりました。

フルに圧力鍋を使って料理を作っています

最近料理を作るときには、圧力鍋をフル活用しています。以前は普通の鍋を使って料理を作っていたけれど、圧力鍋を使うとガス代の節約にもなり、料理の時間も短く、しかもおいしくできるということを知って、試しに買って使ってみることにしました。噂に聞いていた通り、大根を煮ても普通の鍋で長時間煮るよりも柔らかくなるし、嬉しい悲鳴です。

ご飯の炊き方も覚えました。それまでは電気の炊飯ジャーを使っていたけれど、圧力鍋でご飯を炊いてみると、さすがはカス炊きということもあってか、ご飯の甘さが違います。やっぱり時間も短めなので、忙しい主婦としては大助かりです。

一つの圧力鍋を使っていると、使い終わるまでほかのものを煮炊きすることができません。そこでもっと時短ができるようにもう一つ圧力鍋を買おうかとまで考えています。そうすれば短い時間で品数の豊富な食事を作ることができそうです。ただ問題があるとすれば、飽きっぽい私の性格です。毎日料理を作らなけれならないとはいえ、飽きてしまったら・・・と考えると本当にもう一つ圧力鍋を買うべきか悩んでしまいます。

来るもの拒まず去るもの追わず

 今月から新たな職場にいっています。やりたくなかった派遣の仕事ですが、無職期間が長引くよりはマシかと思い就労した次第です。仕事内容は昔でいう「3K」です。重量物の扱いが多く危険なところもあります。どんな仕事でもそうですが、慣れるまでの期間がすこぶる大変で、また気疲れするものです。現在はそのまっただ中という感じです。
 職場全体として人員不足気味で、先々を見据え余分に採用しているようです。自分と同じ時期に入った人は全く接点が無いところにまわされ、初日以来会話もしていません。同じところには3日だけ早い「先輩」がいたのですが、自分が何日か過ごした後突然休みそれが続き、そして辞めていった模様です。
 職場にもよりますが、人の入れ替わりが激しいところは「来るもの拒まず去るもの追わず」というスタンスが多い気がします。入社時に現場の責任者から求められたのはスキルより「やる気」だったので、何となくその言葉の意味が分かった感じです。今は早めに「去る」ことがないよう頑張るだけです。

スマートフォンの種類が増えているので選ぶことが楽しめます

たくさんの種類のスマートフォンが売られるようになって来たので選ぶ楽しさが増えて来ました。
みんなと同じスマートフォンを持ったりする時代は終わって、自分が好きなスマートフォンを選ぶことが出来る時代です。

特に驚いているのがとても安いスマートフォンがどんどん出て来ていることです。
WindowsやAndroidでは安くてもしっかりと使うことが出来る端末が増えて来ています。
安い物はダメだという印象もないですし、これで十分なのではないかなと思うくらい性能がいい物もあります。

アウトドアが好きな人は頑丈で防水防塵使用の物を選ぶことが出来ますし、財布を持たずに外出をしたい人は電子マネーを使うことが出来る端末を選べます。
ネットがしやすいとかアプリを使いやすいからと言った理由だけではなくて、自分の好みの端末を選べるのはとてもいいです。

個性的なスマートフォンが増えていくと思いますし、自分の生活にマッチした物を選べればよりスマートフォンを便利に使えそうです。